今から備える相続対策!

相続はいつ起こるかわかりません。
お元気な今、大切な資産を想う人に引き継いで、相続税を安くし、
税金の納付資金を用意する3つの相続対策を行うことで円満な相続を。

このような方々のお役に立つために

  • 相続税はどの程度か事前に知りたい方
  • 相続税で節税したい方
  • 資産に土地・建物(不動産)が多い方
  • 顧問税理士はいるが相続は専門外という方
  • 相続資金や納税資金の確保をしたい方
  • 遺産分割で、もめたくない方
  • その他-相続に関して色んなことを知りたい方

<特に医療法人の方では>

◆持分評価額の減額をしたい方

◆奥様や親族の連帯保証債務の対策を行いたい方

◆MS法人利用による相続対策をしたい方

◆持分なし医療法人移行に伴う
 贈与税対策をしたい方

◆病院(医療法人)の売買を希望される方

生前に相続対策を怠ると大変なことに…

最悪の場合、親族間で訴訟に発展するケースも…

遺言の無い場合、遺産分割で争いとなり「争族」に発展するケースが増えています(司法統計参照)。
遺産分割協議が行き詰るとお金の問題にとどまらず、骨肉の争いに発展し、 調停→裁判(一審→控訴→上告)となり、
莫大な時間、労力、費用が必要となります。
また、不動産は二つと同じものが無いことからその評価が非常に難しく、また容易に分割できないために
取り敢えず共有持ち分とするケースが多くなります。
こうなると他の所有者の同意が無い限り、貸したり、売ったりできず自分の裁量では何もできなくなってしまい
「争族」へ発展してしまうケースが多いものです。

金銭的に損をすることに・・・

財産に対して最高税率55%という非常に重い相続税。事前に相続財産の評価を下げるなどの対策を行わないと重い課税がのしかかってきます。
不動産は分割が難しい為、相続のトラブルメーカーと言われています。申告期限までに遺産分割協議が整わず、
納税資金を確保するために不動産の急ぎ売りをして損をしたり、また遺産分割で揉めると訴訟に発展し莫大な出費になることもあり得ます。
申告期限までに遺産分割協議が整わず、「配偶者の税額軽減」「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」などの申告に有利な”特例等”が適用できなくなってしまい、さらに延滞税を加算されることもあり得ます。

相続人様(ご遺族様)が全てを
取り仕切られるのは非常に大変です。

相続プロセスにおいては、相続財産評価、遺産分割協議、申告、納税、登記等、弁護士、税理士、司法書士など
多くの専門家が携わります。これをすべてお客様ご自身で振り分けていかれることは、
時間、労力、専門性等においてとても大変なことです。

相続の経験豊富な専門家ネットワークを活用して
ワンストップで解決

ソリトンは、多岐にわたる相続、事業承継問題に対処できるよう相続・事業継承チームを形成しています。
お客様は自ら多くの専門家と折衝することなく窓口であるソリトンにご相談頂くだけで
お客様の問題をワンストップで解決します。