ソリトンの相続税を軽減する不動産対策の特徴

一般的な不動産による節税対策では、

上記が主な課題とされています。
とりわけ①の空室問題については⼤きな問題となっており、相続税を圧縮するはずが、借入返済が困難になり、逆に⼟地を⼿放さなければならないケースが多く発⽣しています。
ソリトンの不動産による節税対策は、将来の不安要素を予め回避できるプランを提供致します。

ソリトンの不動産対策の最⼤の特徴は、
⽣前に相続対策行った時点の3つのバランス(節税性・収益性・換金性)を
相続発生時、そしてそれ以降も長期にわたり維持するところ
にあります。

不動産を利⽤した相続税対策事例